目指すはお酒を飲むことをコントロールできるようにすること!

断酒会やカウンセリングを探し積極的に参加を志す

お酒を飲むことがコントロールできなくなったことが、アルコール依存症です。そうなってしまってからは、もう独りではなかなか治すことはできません。
そんなときに1つの治す方法としては、断酒会やカウンセリングなどを利用することです。こうした断酒会やカウンセリングをうけてみて、話を聞いてもらったり、また周りの人の話を聞くとやはり断酒をする決意を持ち続けられたりするでしょう。アルコール依存症について、やっぱり周りの人のコミュニケーションも必要です。それがなければ、なかなか断酒が続けられるわけではありません。こうした断酒会やカウンセリングを探してみて、参加を積極的にしてみましょう。

さらにこうした断酒会や会やカウンセリングも人とのコミュニケーションですが、コミュニケーションのひとつで、お酒の飲み友達や行きつけのお店があれば、そことは関係を絶つことです。

やはりお酒を飲まないから、会おうとかいわれて、会ってみると結局お酒を飲んでしまうなんてことになります。常連のお店にいってもやはり食事だけと思っていても、やっぱりお酒になってしまいます。
ですのでお酒と絡みそうな人や場所には会わない、行かないようにしましょう。

もちろん、ときには寂しさなどに負けそうにもなりますが、そこを越えていかないと本当に依存症を治すことはできないでしょう。そうやってお酒から離れることも、コントロールできるようになるということなるでしょう。

ストレスや不安から解放される生活習慣を心がける

次にもしアルコール依存症でありながら仕事をしている場合には、休職も考えてみましょう。というのも、依存症になってしまうよういんとして、仕事のストレスなどから気分転換にとお酒に走りやすくなるといったことがよくあります。

ストレスが不安などがお酒に走りやすくさせ、またお酒が仕事のミスを誘発させるのです。ですので、悪循環を生みます。なので、依存症の間は仕事から離れることも必要でしょう。治してから復帰した方が、より仕事の精度も上げて、信頼を回復させられるでしょう。

そして、なかなか自身でコントロールできないときなど、薬をつかって飲むのをコントロールする方法もあります。これを利用してみるのも1つの方法といえます。

依存症を治すには、時間がかかることを頭に入れて、少しずつコントロールできるようにしていきましょう。